ここ1年ほどで急成長!副業OKのおかげ?

今年に入り、企業でも副業OKという企業が目立ってきました。

働き方改革で残業があまりできなくなった今日ですから、ぜひ副業でその分を稼ぎたい人がたくさんいそうですね。
私も含め、いざ副業といっても何をしたらいいのか。
一番考えられるのは、飲食店や宅配などのアルバイトですよね。
でもさすがに、昼間、会社で働いた後アルバイトは大変と思います。

そこでパソコンを使ってできるものないかな。

という流れ?で今はやっているのが、クラウドソーシングというもの。

クラウドソーシングとは、企業が仕事を外注することをいいますが、ここ1,2年でランサーズ、クラウドワークスという企業とスキルを持った人を日も付けるサービスが広まりました。

その結果、例えば、パソコンでホームページをデザインするイラストレーターさんや、いろんな記事を書かれているライターさんが、ランサーズなどに登録し、ランサーズで募集している仕事を、自宅などで行うといった働き方が注目を集めています。

見ていただくとわかりますが、さまざまなジャンルの仕事があります。
ホームページのデザイン、プログラムなどだけでなく、ブログの記事、商品の体験談の募集などありとあらゆるものがあります。

もっと気軽に参加できるのが、ココナラ
学生なども多数参加していて、え?そんなの売る?みたいなものもたくさんあります。

本業と同じ業種の仕事をすれば、新しい知識があまり必要ないので、即収入に結びつくのでは!?
ぜひ一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングの問題点

仕事を発注する側、仕事をする側どちらにも、いざ仕事をしてみると、思った内容と違う、難しくてできない、応募内容と違うといった、どうしても避けては通れない問題が発生します。

そんな時は、運営元がフォローしてくれるので大手のクラウドソーシング会社に登録されることをお勧めします。

最後に

気軽にできるクラウドソーシングですが、仕事は仕事です。
納期もありますし、ある程度の品質も必要となります。
ですが、緊張感と責任感を持って仕事できるので、スキルアップにもつながるかと思います。
自宅でできる利便性はすごく大きいと思います。

おすすめの記事